癌の先端治療の種類と今後の可能性について

癌ANK療法について

新しい癌治療法として現在注目を集めている方法の一つがANK療法で、ナチュラルキラー(NK)細胞を増やす事で、癌細胞の増殖を抑える方法です。NK細胞は、免疫系細胞の中でも、癌細胞への攻撃能力が高く、患者の対外で培養したNK細胞を体内に戻す事で、免疫力を活性化します。ウィルス性の白血病や悪性リンパ腫といった微小分散癌に対しても効果が認められており、癌の再発抑制効果も期待できます。放射線や抗がん剤は、分裂中の癌細胞に効果を発揮しますが、分裂が非常に遅い癌幹細胞等には効き目が薄くなっています。NK細胞は、そうした細胞にも一対一で満遍なく攻撃を加えるので、癌細胞の増殖が抑えられるわけです。

癌粒子線治療について

癌粒子線治療とは、水素の陽子や炭素原子イオンなどの粒子の流れである粒子線を使った治療法です。粒子線は、癌の病巣だけを狙ってダメージを与えられるので、周囲の細胞への影響を最小限に抑えられます。治療に際しては、患者側に痛みなどを伴う事がなく、高い効果が得られるものになっています。粒子線治療の特徴としては、粒子線が癌細胞にダメージを与える特殊なエネルギー放出の特性を有している事です。そして、それが根本的治療に役立つものとなります。

分子標的薬の効果について

分子標的薬は、現在、欧米では従来の抗がん剤よりも多く使われています。日本でも乳がんなどの一部の部位の癌治療に、保険適用内となっています。また、分子標的薬は、癌が発生する部位にかからず効果を発揮するので、癌治療の選択肢が大きく広がる可能性があります。分子標的薬の主たる働きは、細胞の増殖に繋がる物質を標的として、癌の増殖を抑える作用があることです。但し、正常な細胞の増殖も抑えてしまうため、投入の量の調整が重要になってきます。

がん先端治療は最新の方法でがん細胞を除去できる可能性が高いのがメリットですが、医療保険が適用されないことが多いので費用の全額を患者が負担することになるので注意が必要です。