太陽光発電ってどういうもの?おさえておくべきポイント

太陽光発電投資って?

自分の家で発電した電気を、高く買い取ってくれる制度を利用した商品、「太陽光発電投資」とは、十分な日照時間を確保できるところにソーラーパネルを設置し、そこで発電した電気を電力会社に買い取ってもらうことができます。2012年に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が施行されたことにより、全国にあるすべての電力会社に義務化されました。買取金額も消費者が電力会社から購入している電力料金の倍以上の価格で買い取ってくれます。

長期的な買取契約を結べる

特に投資事業として電力会社と売電契約を結んだ場合、電力会社が電気を買い取る期間を20年間と国が定めました。これは、太陽光だけではなく地熱・バイオマス発電・風力発電などで発生させた電気でも各地域に対応する電力会社が買い取ってくれます。売電契約を結ぶ事ができれば、後は継続的な発電と設備の管理だけで安心した利回りとなります。自然災害の多い日本では、複数の手段による発電事業というものが重要視されています。

太陽光発電のリスクはどんなものがある?

そもそも、投資事業にリスクのないものなど存在しません。それは太陽光発電投資も同様です。たとえば、地震や台風、積雪などの自然災害によるものです。このようなリスクの場合には、保険がセットになった投資商品もあるので、契約する際には事前に確認しましょう。保険の種類にもよりますが、台風や火災に対する保険はセットになっている商品が多いです。次にソーラーパネルの管理です。ソーラーパネルの寿命は10年といわれており、20年で契約した場合は1回目の投資契約までは利益が十分に見込めます。しかしそれ以降は、計画していた発電量を保証できないという意味なので、10年以降は利益がなくなるというわけではありません。

太陽光発電投資は高いです。しかし、自治体の補助金を活用すると、一部のお金が返ってきます。そして、将来のことを考えると儲けることができます。